3歳までに子育てでやっておきたいこと

4歳未満のお子様を育てている親御さんもいるのではないでしょうか。子供の人格や情緒、言語能力などは3歳までに形成されます。この時期に正しい子育てをしておけば人間としての土台となる部分を正しく築き上げることができるでしょう。

3歳までの子育てでやっておきたいことは子供が自由でいられる空間を作ることです。家の中でも4歳に満たないお子様にとっては危険な場所があります。例えばキッチンや寝室です。キッチンはお皿が積まれていたり包丁が台所にむき出しになっていることもあります。寝室においてはお子様が口にできる指輪などが置かれていることもあります。そのため、親御さんの中には危険を回避するために子供の行動を制限してしまう方も少なくありません。家の中には自由に遊べることができる空間を持たせることによって積極性を養い、想像力や好奇心を高めることができます。狭いスペースしかない方でも自由に遊べる空間を作ってみてはいかがでしょうか。

その他にも子供との触れ合いを大切にすることです。触れ合うことによって子供の五感に刺激を与えます。そのため、子供の発育にも大きな影響を与えることができるのです。自由な時間を作ることは難しいですがなるべく子供と触れ合える時間を作ってみてはいかがでしょうか。

子育てにおける正しい叱り方

子供が何か過ちを犯した時は子供を正すために叱るのが一般的になります。親御さんの中にはどのように子供を叱れば良いのかわからない方も多くいるのではないでしょうか。

まず、子供が泣いていたり、子供の友達が泣いている時は状況を理解するために何故泣いているのか、どうして喧嘩になったのか理由を聞きます。状況がわからない状態では正しく叱ることはできません。そのため、このような場面に遭遇した場合、親御さんは正しく叱ることができるようにこのような状態になった原因を理解します。その後に子供が言い分を言ったらその言い分を一度認めてあげます。認めることによって子供は落ち着きを取り戻すため冷静になることができます。また、聞く耳を持たないといった状態を回避することができるのです。この後に冷静に正しく叱ると子供が過ちを犯した時も訂正することができます。

親御さんの中には感情的に怒ったり、子供の人格を否定される方もいます。感情的に怒ってしまうと子供は自分が親御さんに嫌われているのではないか勘違いしてしまうこともあります。また、人格を否定すると心が傷ついてしまうこともあるので、そのような叱り方はせずに正しく叱るようにしましょう。

子育ての参考になるものはたくさんある

子育てに苦戦されている親御さんもいるのではないでしょうか。特に初めて子育てを経験される方はどのように子育てをして良いのかわからない方もいます。特に赤ちゃんの時は首が座っていないため、子供をお風呂に入れている間、子供が泣き出してしまうと不安に感じてしまうお母さんやお父さんはとてもたくさんいるのです。しかし、現在の社会においては情報が豊富にあるため、子育ての参考にすれば安心して子育てをすることができます。

例えば本です。街中の書店では子育てに関する多くの書籍が販売されています。書籍の中には語りかけて育児をする方法や独特の教育方法を紹介してくれる本もあります。また、値段に関しても比較的安くなっているので、本を参考にして子育てをされてみてはいかがでしょうか。

現代においてはインターネットが普及しています。また、スマートフォンやタブレットなどがご家庭にあるので、インターネットにアクセスをして情報を収集することは容易になっています。当然、この情報の塊の中には子育てに関する情報も提供されています。その中にはブログで子育ての過程を綴っている親御さんもいるのです。このようなブログを見ることによって悪戦苦闘する親御さんの言葉が胸に染みることもあるでしょう。また、子供がこのような症状になった時はどうすればいいのかなどの情報も公開してくれるブログや情報サイトもあるので子育ての参考にできます。

リンク【子育ての悩みやヒントを発信している子育てのミカタ

今回は子育ての参考になるものの他に、子育てにおいての正しい叱り方や3歳までに重要な子育てについて紹介します。