子育てにおける正しい叱り方

子供が何か過ちを犯した時は子供を正すために叱るのが一般的になります。親御さんの中にはどのように子供を叱れば良いのかわからない方も多くいるのではないでしょうか。

まず、子供が泣いていたり、子供の友達が泣いている時は状況を理解するために何故泣いているのか、どうして喧嘩になったのか理由を聞きます。状況がわからない状態では正しく叱ることはできません。そのため、このような場面に遭遇した場合、親御さんは正しく叱ることができるようにこのような状態になった原因を理解します。その後に子供が言い分を言ったらその言い分を一度認めてあげます。認めることによって子供は落ち着きを取り戻すため冷静になることができます。また、聞く耳を持たないといった状態を回避することができるのです。この後に冷静に正しく叱ると子供が過ちを犯した時も訂正することができます。

親御さんの中には感情的に怒ったり、子供の人格を否定される方もいます。感情的に怒ってしまうと子供は自分が親御さんに嫌われているのではないか勘違いしてしまうこともあります。また、人格を否定すると心が傷ついてしまうこともあるので、そのような叱り方はせずに正しく叱るようにしましょう。